小学生の英語教育にオススメの教材は?本当に効果あるの?

小学生の英語教育にオススメの教材は?本当に効果あるの?

小学生の英語教育の現状を詳しく説明してみよう

日本の小学生の英語教育の現状について、ご存知ですか?
昨今のグローバル化の影響を受け、わが国でもその重要性が指摘され、見直されてからしばらくが経っています。文科省に取り決めにより平成23年度から「小学校5・6年生での週一コマの外国語活動の導入」が義務付けられています。文科省の考え方は一貫して「英会話コミュニケーション能力の育成」です。ネイティブの先生を授業に招いたりして、小学校のころから早期の教育が「小学校において」さえ行われています。今は、早期教育は当たり前。小さいころからいかに英語に触れる回数を稼いで、苦手意識を摘んでおくか?これが、重要なテーマになってきます。
「聞く」「話す」「読む」「書く」この四技能をバランスよく育てることは決して容易ではありません。「とりあえず、会話塾に通わせておけばいいのでは?」「勉強させたって、日本にいても上達しないのでは?」いろいろな考えが飛び交っていて、その定石が存在しないのが現在の現状です。

小学生の英語教育はどうあるべきなのか?勉強方法は?

では、小学生の英語教育はどうあるべきなのでしょうか?大人になって実際に外国語を使う場面を想像すると、会話の能力が最重要視されるようにも思えます。最近は社内公用語が日本語でないところも増えましたよね。
では、英会話の能力だけを鍛えればよいのでしょうか?そうでもありません。読み書きの能力も大変重要です。メールを使うから?それだけではありません。小さいうちは、まだ理系文系のどちらに進学するかなどは決まっていないと思いますが、理系に進学した場合、研究の論文は必ずと言っていいほど英語で読まされます。(最新の研究が日本語で書いていることはまずありません)むしろそれくらいも読めないようでは研究はままならないでしょう。単なる会話に必要な言葉の知識よりも、新聞や論文を読むほうが多いのですが、小学生のうちはこれからどうなるかわからない以上、英会話だけに偏った学習方法よりは、四技能の万遍ない学習が最適であるということです。

小学生の英語学習に本当にオススメな教材は?

となると、実際に勉強するにあたって、小学生の英語学習い最適なオススメ教材はなんでしょうか?高額な英会話スクールの教材ももちろんよいかもしれませんが、なんだかんだで有効なのが、「単語カード」です。これは大きいものを選んでおくほど良いです。結局、文法事項などややこしいことは中学以降で嫌というほど学ばされます。つまり、小学生のうちに覚えても後々重複してしまうので無駄になりえます。けれども単語を多く知っていることは、文章をパッと見た時に「知らない単語が羅列されている恐怖」これを打ち消すことができます。これは苦手意識の克服につながり、大事な英語教育の第一歩となるでしょう。単語を覚えるのも楽ではありませんが、小さいうちは脳が柔軟で、吸収しやすいので、大きめの単語カードに「単語」と「意味」の対応以外にも「単語のイメージ」をイラストで描いてあげるのです。このプラスアルファは脳科学的にも根拠があり、記憶を定着させる効率の良い方法です。単なる暗記に終始させず、五感を使って覚えること。そうすれば記憶は深く定着し、理想の早期教育へとつながります。ぜひ、ためしてみてください。